FC2ブログ

記事一覧

ご報告(俺の甲子園と関係ありません)

*本日の内容は、俺の甲子園に関係ありません。
 完全に私的な内容となっております。




ここ数日、私のログイン頻度が低かったこと、
公式戦にも関わらず結果を事後確認したり、
私「らしくない」ことを心配してくださった方がいます。

一部の方にはその理由の経緯を説明しておりましたが、
無事、問題解決したので改めてご報告させていただきます。





私は会社で猫3匹を飼育しております。

いずれも生後まもなくから飼育しており、
年齢は5歳(♂)、4歳(♀)、3歳(♀)です。


そんな中・・・、


4月9日の朝、窓から不意に3匹の猫が脱走してしまいました。

すぐに社員が2匹を確保したものの、
いちばん人見知りで臆病な猫(4歳♀)がパニックになり、
勢いよく走り去ってしまい姿を見失いました・・・。



冒頭の通り、生後まもなくから室内飼いをしていた為、
もちろん屋外に出たことはなく、餌というものは人間から
「貰うもの」という認識です。

まして外の世界には危険がいっぱい。
このまま外で生きていけるとは到底思えない・・・。



急遽、仕事への影響を最低限にとどめ、
社員総出で捜索することにしました。

しかし、夕方まで探しても発見に至らず、
夜には雨が降り出してしまい・・・、

やむなく20時に捜索を打ち切らざるをえませんでした。





翌10日は早朝6時から捜索開始。
この日が休みの社員も出動して総動員で捜索にあたりました。


それでも見つからず、昼からは社員が作った情報提供を求めるチラシを
ポスティング&道行く人に手渡しも試みたが捜索は難航・・・。



そんな中、

16時30分、近くのレンタル倉庫の下から
鈴の音が聞こえたとの一報が入る。

現場確認に向かうと確かに愛猫の姿が!


名前を呼んだり、エサやおもちゃで釣ろうと思ったが
まったく反応せず、むしろ目の瞳孔が開いており、
完全に気が動転している様子・・・。


これはマズイ・・・、
簡単に捕まえることはできないかもしれない・・・。


そうこうしているとタイミング悪く、レンタル倉庫の利用者が
車で荷物を運び入れようと来てしまい、大きな物音に驚いて
再び姿を消してしまいました。


一度は姿を確認したのに再び姿を消してしまったことで、
意気消沈した社員たちの疲労も色濃く表れ始め、
諦めてしまう者まで出てくる始末。




もはや打つ手なしか・・・


そんな思いが脳裏を過った瞬間、
ふと一人の男の存在が頭に浮かんだ。

その男とは、たまたま私が自宅で見ていたテレビ番組、
TBS「情熱大陸」で紹介されたペット探偵である。


愛する猫が行方不明になった飼い主の依頼に応え、
猫の捜索にあたってくれるというのである。
その発見率は驚異の70%というから驚きだ。



藁にもすがる思いで電話をかける。

もろもろ相談し、料金は前払い制だとのことだが、
あいにくこの時は土曜の18時。

これでは最短でも月曜からの捜索になってしまう。


なんとかお願いしたところ、
こちらが法人として依頼していることを知り、
「それならば・・・」と急遽この日のうちに現場に
急行してくれるとのこと!


とりあえず土日のうちに発見したいという気持ちから
この両日のスケジュールを抑えて契約した。





そして・・・、


10日21時45分、ペット探偵が到着。

どんな装いで来るのか、どんな道具を駆使するのかと思ったら、
思いのほかの軽装備!

疲れたGパン、Tシャツにジャケット、
手には100均で買ったっぽい手提げカバン。

懐中電灯すら持っていない。

一瞬、「騙されたか!??」と不安がよぎったのは言うまでもない。




その後、最後に視認した現場を案内し、
飛び出した窓の場所も案内、

周辺の地理も簡単に説明し、現場付近の地図を作成。


そして、「プロファイリング」と称し、
愛猫の性格や食事の時間、1日の過ごし方など
聞かれた質問に答える。



だが・・・、

当然だがこちらは不安でいっぱいだ。
猫を捜索するには、服装も含めてあまりにも軽装備すぎる。


本当に70%の発見率なのか?
あれは顧客獲得の為に誇張した数字なのか?

疑念は増すばかりだったので、私はハッキリ尋ねた。


「いかがでしょう?
 ホームページでは70%の発見率と書いてましたが、
 このケースだとどのくらいになりそうですか?」



既に私は契約済みだ。
仮に未発見に終わったとしてもお金は払うのだ。
もう誇張して言う必要はない。

ハッキリ何%くらいの確率なのか聞いてみたい。
仮に50%でもあれば御の字、30%と言われてもいい。
私たちだけでは保護できる確率は5%以下だろう。


さぁ、教えてくれ!



探偵:「そうですねぇ~・・・、
    今回の立地や猫ちゃんの性格を考えれば、
    2~3日いただければ90%くらいいけると思いますよ」





な・・・、なんだと・・・!!!!!?

90%!!?






ま、まじか・・・






聞いた社員たちの期待は一気に高まる。

その後、探偵から説明、指示を受ける。

おそらくこの日は23時30分までがリミット、
それまでに確保できなければ今日は引っ掻き回さず、
翌日、プロファイリングに従って愛猫が動き出すと思われる
19時~23時に確保するための準備に集中するという。


話を聞けば聞くほど、只者ではないという予感が増す。

うちの愛猫の場合の食事サイクル、性格、この日の天気など
諸々を考慮すると、23時までに姿を現す可能性が高いとのこと。

そもそも猫は失踪した際、失踪地点に一度戻り、
自分が現在どこにいるのかを把握するのだそうだ。
本来なら失踪翌日の夜19時~23時の間に行うそうだが、
前夜は雨・・・、

この探偵の読みでは、この夜、23時までに必ず姿を現す!と
確信を持っているとのことだった。

だから、その時が来るまで、大勢で探し回るのではなく、
物音を立てず、息を潜めて待つのが得策とのことである。



すると・・・、


現れたのだ!
周囲を気にしながら、そろりそろりと静かに歩を進めてくる愛猫の姿が!


息を潜めながらも喜んでいると、
突然、一人の社員が懐中電灯で照らしてしまったのだ。

驚いた愛猫は逃げ去ってしまい、その後この日は23時まで
姿を現すことはなかった。



探偵からもお叱りを受けた。
ただでさえ猫は、見たこともない外の世界で極限の緊張状態にあり、
そこに驚かせるような人間の行動は逆効果である。


ごもっとも・・・、反省。

しかし、この探偵の指示通りに動けば保護できそうだという
確かな手応えは感じた。




翌11日。

この日は昼過ぎから社員だけで愛猫の位置確認。
しかし、あくまでも「位置」を確認するだけで深追いはしない。
どこから動いてくるのかを把握するだけでいい。

すると、前日同様、レンタル倉庫の下にいる姿を発見。
日中は緊張感を与えず、このまま休ませてあげた方がいいとのことで、
社員が1時間に3回のペースで、様子を見に行って姿を確認しては帰る。
これを繰り返した。


そして、19時ごろから探偵にもお越しいただいて本格始動。

この日は、トイレの砂、いつも使用しているエサ箱とエサ、
よく座っていた座布団などを求められて提供。

あとは仕掛けを用意して、前夜同様、息を潜めて待つ。

用意した仕掛けは、レンタル倉庫周辺に設置してみたり、
会社までの途中の通り道に用意してみたり。


ただし、愛猫自身が、本当に元の場所に良い思い出があり、
大好きで帰りたいと思ってくれているなら、

必ず前夜同様23時までに同じ場所に現れるはずなので、
その時には驚かせたりせず、冷静になって探偵の指示を
聞くようにとのことだった。


そして・・・、

遂にその時はやってきた。



22時40分、愛猫が姿を現したのだ!
そろりそろりと歩を進め、か細い声で小さく鳴きながら。

出てしまった窓付近まで来た。

そこで探偵から指示が出る。

「静かにゆっくり窓を開け、
 中から小さな声で愛猫に呼び掛けてください。
 その後、窓を開けたまま愛猫の視界から消えてください」

・・・という。


一人の女性社員が呼びかける。

すると、か細い声で、まるで困ったような顔をしながら
ゆっくり近づいてきた。


そして指示通り、窓を開けたままこの社員は姿を消す。


すると・・・、次の瞬間、

愛猫が背を追うように窓の中に飛び込んできたのだ!
その瞬間を確保!!


一斉に歓喜の声があがる!!



「やったぁぁぁーーーーっ!!」



おかえりなさい!
約3日ぶりの帰還だ!




何気なくいつもそばにいてくれて日々の生活を共有している
私たちの大切な愛猫。

知らず知らずのうちに、
大きな心の支えになってくれていたのだ。



そして、歓喜の輪に加わることなく、
一人静かに片付け作業を黙々と行っていた探偵さん。

カッコ良すぎる!


本当にありがとう!!



料金は高かったけど、捜索依頼は早ければ早い方が
発見率も高く、かつ結局費用も安く済むという。

自力で探そうとして、1週間も2週間もがんばった挙句、
どうしてもダメそうだからということで依頼すると、
すでに活動エリアも広がってしまい、捜索は難航し、
確保まで何日も要してしまうのだとか。


猫を飼育されている方、

万一愛猫が逃げてしまった場合、早期に探偵に依頼することを
強くオススメします!




さぁ、これで明日からまた俺の甲子園に熱が入るぞ!

どさくさに紛れて春季大会は敗退してしまったが、
今は悔しさより嬉しさの方が数百倍上回っている。

また、イチから出直しだ!




---------------------------------------------------
ブログの内容についての質問やコメントをゲーム内の
掲示板に書き込むのはお控えください。
無条件に削除いたします。
スポンサーサイト



コメント

猫のことなら

ご相談下さい。私も何度か愛猫に脱走されておりますが、全部無事に捕獲しております。我が家には現在猫が7匹おり、色々な脱走パターンに対処可能です。しかも、無料。次の脱走時には是非、ご相談下さい。オオクワガタだけでは無いのです。因みに私の可愛いペットは小さなトイプードルです。目に入れても痛くない可愛いやつです。

おへんじ

>水戸いちさん
おお!それは頼もしい!w
今度じっくりお話を聞かせてください!

No title

妙典さんにゃんこちゃん好きだったんですね^^
私などが超強豪校の皆様相手に恐れ多いと思い、いつもはブログ読むだけでしたがついつい書き込みしてしまいました
ネコちゃん見つかってよかったです自分も猫大好きでずっと飼ってるので他人事とは思えませんでした^^
もちろん俺甲の情報も参考にさせて頂いておりますのでこれからも更新楽しみにしています!

こんばんは🤗猫が戻ってきてくれて良かったですね😭ペット探偵なる仕事がある事も初めて知りました😅昔、実家にいた時に猫を飼ってましたが、たまに数日間、放牧?に出る事がありましたが、その時の不安な心境を思い出しました😌交通事故に遭っていないかとか、不安になるんですよねぇ…

よかったー

猫を飼ってたとは😳しかも会社で😳
ブログドキドキしながら下にスクロールしてしまいました。猫探偵が軽装備、、、一瞬ツバ飲み込んじゃいました。

周りの携わった人の安堵の様子が思い浮かびます。よかったぁ😊

おへんじ

>通りすがりの大阪の高校さん
いやぁ~、実は・・・、私、猫キライだったんですよw

しかし、私の知らないところで社員が野良猫にエサをやり、
会社周辺に居ついてしまい、私は当初は追っ払ってたんです。

ところがその猫が仔猫を生んでしまって。
その仔猫を見た時、片手の掌に乗る大きさで、
めちゃくちゃ可愛くて。

その仔猫こそ、現在5歳(♂)の猫ちゃんです。

いやぁ、参りましたよ。
疑うことを知らない澄んだ瞳に完全KOされましたw

おへんじ

>弘前工さん
放牧w
まぁ、猫は自由気ままですからねぇ~。

普段から外に出る習慣があるならともかく、
ずっと室内で過ごし、はじめて外に出てしまって
迷子になってしまうのは心配でなりませんでした。

おへんじ

>ときやさん
ありがとうございます。

猫探偵が軽装備できた時、完全に詐欺にあったかと思いましたw

No title

初めてコメントします。
うちも猫を飼っているので他人事と思えず、息を飲んで読み込んでしまいました。

ペット探偵、噂には聞いてましたが本当に凄いですね。発見したら思わず追いかけてしまいそうですけど、それではダメなんですね。

うちも何かあったらペット探偵、もしくは水戸いちさんに相談したいと思いますw

おへんじ

>名無しさん
すみません、メッセージの確認が遅くなりました。
そうですね、ぜひ水戸いちさんにご相談ください!w

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

王翦将軍

Author:王翦将軍
俺の甲子園をプレー中。

「課金は程々に」がテーマだったはずだが、なかなか我慢ができずに使い込んでしまうことも。