fc2ブログ

記事一覧

インタビュー⑰

ご好評いただいているインタビューコーナー。
 
全国の強豪校とチャット対談した内容を
そのまま公開してしまおうというもの。
 

 
私の怠慢でだいぶ間隔が空いてしまいましたw
 
7ヵ月ぶりのお客様は、茨城の強豪・水戸いちさんです!
 
 
水戸いち210126

 
 

妙典:「どうぞー、お入りくださーい」
 
水戸:「本日はありがとうございます!このインタビュー企画は大好きでよく読んでいました。一読者として、大ファンだったので、弊校がインタビューされるなんて、ビックリ光栄です」
 
妙典:「ご愛読ありがとうございます!こんなところにファンがいたとはw 」
 
水戸:「凄く楽しい企画ですよ、このインタビュー。本来なら運営がやるべきだと思うんですけどね。俺甲は、妙典さんはじめ、一部の有志の方に支えられているゲームだと思います。」
 
妙典:「冬は退屈なのでゲーム以外にイベント必要ですよね。しかし誰が読んでるのか、当の私には謎ですw」
 
水戸:「妙典さんのブログはかなりの人が読んでると思いますよ」
 
妙典:「そうですかねぇ~。ところで水戸いちさんは、IDを親子で共同管理されていると伺ったのですが、その辺りからお聞かせください」
 
水戸:「そうです、親子でやっています。元々は、高校野球ファンの長女が別の高校名でやりたいと言って来たのですが、長女のアカウントにはそこまでの資金は掛けられない事を言ったところ、どうせパパは監督としてイケてないので、代わりに自分にやらせろと言ってきたんです。私は携帯から、長女はiPadから参戦しています。ただし、年初より長女はドイツにおりまして、暫くは私(父)が監督です」
 
妙典:「父子どちらがメインでやってるか見分ける方法あるんですか?」
 
水戸:「督名が’でぶたK’というのが父である私がメインでプレイし、’やせたK’の時は長女がメインで監督の時です。その辺りで見分けてください」
 
妙典:「なるほど、では本日は’でぶたK’さんにインタビューということですね。それではまず昨年一年間を振り返っていただきましょう」
 
水戸:「昨年のチームで甲子園に行くつもりでした。正直、戦力だけなら県内トップだったと今でも思っています。しかし、現実は厳しく、取りこぼしが多いチームでもありました」
 
妙典:「取りこぼしが多い・・・、なんか他人事に聞こえないのは気のせいでしょうか?w」
 
水戸:「要因は2つあったと思っています。ひとつは監督の采配、もうひとつは過度の打撃偏重のチームであった事。走塁や守備の大切さ、采配の大切さを思い知った一年でありました」
 
妙典:「なるほど、昨年の妙典も戦力だけなら県内トップだったと思うのですが走力に大きな課題があったのは確かですね。そのせいかどうかはわかりませんが結果は散々な一年でしたw」
 
水戸:「お互いに走力の重要性に気付いた一年だったということで!」
 
妙典:「では今年のチームのストロングポイントはどんな部分ですか?」
 
水戸:「実は未だに打撃偏重のチームです。打撃がAの選手が12人居まして、ベンチ入り出来ない選手もいます。際立って凄いのは居ないのですが、どこからでも得点が可能だと思います。昨年以上に超強豪さんから得点が期待出来るチームなりました」
 
妙典:「では弱点は?」
 
水戸:「やはり守備でしょう。エラーが多いし、ゲッツーが取れない事も多いです。今年は二遊間は一年生のLRコンビの藤沢と芹沢が守るケースが多いのですが、二人とも肩が弱いせいかゲッツー崩れが多い印象です。外野は正直守備のプライオリティが低いですが、せめて全員Cまでは持って行きたいですね」
 
妙典:「ゲッツー崩れの後って失点しやすいですよね。余計な点を与えない為にも、しっかり取れるアウトは取っておきたいですよね。それでは今のレベルはどのくらいですか?」
 
水戸:「監督レベルは現在、535(指導スキル167、実戦スキル368)です。超強豪さんに較べれば、まだまだです。」(取材日:2021/1/24)
 
妙典:「練習設備はどのくらい整ってますか?」
 
水戸:「練習設備は折りたたみ式ケージがあと1つ、ケージがあと4つ、アーム式ピッチングマシンがあと1つ、ローター式ピッチングマシンがあと2つでフルです。その辺りから効用が低くなってしまうので、ついガチャにお金を使ってしまいます。練習時間は380分、酸素カプセルはフル装備です」
 
妙典:「けっこう予算使ってるんですね。ぶっちゃけ、どのくらい使ってます?w」
 
水戸:「この質問、怖いなぁw あまり予算って考えた事がなかったんです。このインタビューを機に計算してみましたが・・・、月平均は20~25万でした!月最高は妙典さんと五分です。本当に馬鹿です。今年は予算はかなり削減の予定です」
 
妙典:「『妙典さんと五分で本当に馬鹿です』って・・・、いや、まぁ、バカだと思うんですけどw」
 
水戸:「あ!すみません!そういう意味ではなくて・・・w」
 
妙典:「はい、わかってますw しかし、水戸いちさんもかなりブチ込んでますねぇw」
 
水戸:「熱くなりすぎました・・・」
 
妙典:「それではその莫大な予算をかけて育てた期待の選手を紹介してください」
 
水戸:「まず、投手では2019100の加賀谷です」
 

加賀谷(水戸いち)210126_1

加賀谷(水戸いち)210126_2

 
妙典:「右投手の中では、比較的人気のナンバーですね」
 
水戸:「ウチは主力投手の多くがサウスポーなので、右の加賀谷には期待しています。それと野手では、2019173の諸井ですね」
 

諸井(水戸いち)210126_1

諸井(水戸いち)210126_2

 
妙典:「この選手データを探すのに大変苦労しました。2年生にも関わらず、練習試合も含めて、ほとんど出場歴のないこの選手を指名されるとは・・・、つまり秘密兵器ってことですね?w」
 
水戸:「その通りです。意識して隠している存在なのですが、まもなく打走守ABCとなりそうです。このパターンは、ウチの山下(2019109 ACC)でも実証済みなので、春には大活躍してくれると大きな期待を寄せています」
 
妙典:「秘密兵器の存在・・・、これは春季大会で注目しないわけにはいきませんね!ところで、よく練習試合するお相手はどんなところがありますか?」
 
水戸:「うちは特定のチームと集中的に試合をすることはないのですが、試合数だと中大下館さん、牛久商業さん、大洗男子学院さんが過去のトップ3ですね。県外だと、大地さん、馬見ヶ崎さん、志木第四さん、若武威さん、千葉一家の皆さん、東海大駅前さん、国立さん、川崎市立大付属さん、城内さんあたりは見掛けたら良く試合を挑ませていただいてます。活動している時間で多いのは、朝8:50~9:30、夜の21時~24時ですね。」
 
妙典:「それでは今年の目標をお聞かせください」
 
水戸:「もちろん甲子園出場!そして甲子園で勝つ事!是が非でも叶えたいです!」
 
妙典:「昨年は悔しい思いをされたのなら、まさに甲子園出場は悲願ですね!」
 
水戸:「甲子園出場したら、長女とどちらがメインで操作するのか喧嘩になるかもしれませんw
 
妙典:「w」
 
水戸:「あと最後にひとつ、私からいいですか?」
 
妙典:「はい、もちろん!どうぞ!」
 
水戸:「私は夏になると、オオクワガタの採集で飛び回ります。同じ趣味の方がいたら是非お声かけいただきたいです!」
 
妙典:「はい!私もオオクワガタ結構好きです!というかカブトムシもクワガタも好きで子供の頃は夏になると必ず飼育してました!w」
 
水戸:「え?本当ですか?こんな身近に!w」
 
妙典:「まぁ、私の場合はそこら辺にいる子供と変わらない趣味程度ですけど」
 
水戸:「私は子供の頃に図鑑を見て何度もオオクワガタを採ろうとしましたが捕まえられなかったんです。大学生になり、東京のデパートの上でオオクワガタのペアが60万円で売っていたんですが、買える訳がないのに見せて貰って。もうデカくて震えました。そのオオクワガタは山梨県韮崎市産と書いてあって、それから韮崎に通い詰め、2年後にやっと採れたんです。その時には嬉しくて涙が出てきました!」
 
妙典:「執念ですねw 私は20年くらい前、山梨県都留郡にキャンプに行った時にオオクワガタに出くわし、ミヤマクワガタと一緒に捕獲して持ち帰ったのですが、3日で死んでしまいました」
 
水戸:「山梨県の明野村や韮崎市周辺は昔からオオクワガタの大産地でした。妙典さんが20年前に捕まえたというのも頷けます。現在では乱獲によって、あの辺りで採集するのは本当に難しくなりました。私の今のホームグラウンドは東北ですね。長女が幼い時から夏休みは家族でオオクワガタ採集に東北に行っておりますので家族全員がやります。とはいえ、半分温泉旅行ですが」
 
妙典:「温泉に入りつつオオクワガタ採集ですか!」
 
水戸:「私の採集方法は、ライトトラップというシロモノです。発電機を使って物凄く明るいライトを山に向かって照らし、オオクワガタをはじめ様々な甲虫を集めるという方法です。この方法ならポイントさえ抑えておけば、大概オオクワガタは採集出来ます」
 
妙典:「想像以上に本格的でびっくり!w」
 
水戸:「以前の採り方は木に登って、木に空いたウロの中を懐中電灯で照らし、オオクワガタが居た場合、ピンセット等で引き摺り出すと言うモノでしたが、これは本当に大変。蚊に刺されまくり、蛇やクマの恐怖と常に背中合わせでしたが、現在の採集方法なら山に入ることもなく、極端な話、バーベキューをやりながら、ビールを飲みながら、虫に刺される事なく、採集が可能です」
 
妙典:「もはやプロですねw以前は大きさをミリ単位で計測して高額売買されてましたよね。今となってはオオクワガタバブルだったのだろうと思いますがw」
 
水戸:「野外採集個体は現在でも貴重で人気で都内だと野外採れのメス一匹が数万円~10万円程度で今でも取引される事があります。オスの大きいのだともっと高いですよ」
 
妙典:「じゃあ、オオクワガタ売って課金しますかねw」
 
水戸:「オオクワガタ採集めちゃ楽しいですよ。美味しいお酒、素晴らしい温泉、そして東北の雄大な自然。最高です。妙典さんもご興味があれば、今夏ご一緒しますか?w」
 
妙典:「か、考えておきます・・・」
 
水戸:「オオクワガタ採集して、オオクワガタ売って課金するオフ会を開いてくださいw」
 
妙典:「これ読んでる東北の方々、お相手よろしくお願いします!w」
 
水戸:「あ!逃げた!w」
 
妙典:「本日のお客様は、水戸いちさんでしたー。ありがとうございましたー!」
 
水戸:「オオクワガタ万歳!w
 
スポンサーサイト



コメント

この企画は確かにファン多いと思います。
私も一ファンとして楽しみにしていたので、更新嬉しいです!


お二人の俺甲熱がひしひしと伝わってくる、素晴らしい記事でした。
秘密兵器というのも、層が厚いからこそ出来ることですね。



でも、途中からオオクワガタの話になって、

『あれ…?
私は今何を読んでいるのだろうか…?』

という気持ちに😂


そして、
『でぶたKさん=オオクワガタの人』
というイメージが付きましたw

オオクワガタ笑

久しぶりのインタビュー面白かったです(笑)
特に、途中からのオオクワガタ(笑)

今回のインタビュー、過去最高の面白さでした。私も夏はクワガタ採りするんですよねー(内緒)。

予算

月20~25万って、、、
大卒手取り初任給並みですね。
そんな金額をゲームに使えるって、リアルは何されてるのか、そっちの方が気になります。

水戸さんのLobiのプロフィールにもオオクワガタ採集とあったので好きなんだとは思っていましたが予想以上に本格的過ぎて驚きました。

俺甲の話より「オオクワガタ」の話だけが頭に残りました。

後半のオオクワガタの話しか印象に残りませんでしたが、面白かったです。

おへんじ

>葛西工業さん
途中から私も「何を書いているんだろう?」と思いましたw

おへんじ

>ときやさん
後半はオオクワガタ一色になってしまいましたw

おへんじ

>国 立さん
まさかのオオクワガタ仲間がここに!w

おへんじ

>弱小チームさん
水戸いちさんのリアル、私は存じておりますが、
もちろんここでは控えさせていただきます。
ご想像にお任せしますねw

おへんじ

>恋瀬川さん
私もオオクワガタの話ばかりが頭に残ってますw

おへんじ

>大洗男子学院さん
これで水戸いちさんのあだ名は「オオクワガタ」で決まりですねw

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

千葉県立妙典高校

Author:千葉県立妙典高校
俺の甲子園をプレー中。

「課金は程々に」がテーマだったはずだが、なかなか我慢ができずに使い込んでしまうことも。

2022年 夏の甲子園出場