fc2ブログ

記事一覧

アクセス数

最近、このブログのアクセス数が下降傾向にある。これはある一日のアクセスログだ。ユニークアクセス400、トータルアクセス3000を切ることは少なかったのだが、このところユニークアクセスは400をやや切る日が多くなってきており、トータルアクセスに至っては、3000を超えるのは週に1回ほど、今回ご紹介した日などは2000をギリギリ上回る程度。土日はアクセス数が減る傾向にあるのは確かだが、ここまで減少することは数年来なかっ...

続きを読む

1500回記念

遂に本稿が1500回目の投稿となった。振り返ると早いんですよねぇ・・・。1400回記念を書いたのが2023年9月27日だった。あれから約4ヵ月での達成ということになる。このペースで継続していれば1600回記念は5月下旬ごろだろうか。頑張りたいけど・・・、頑張れるかなぁ・・・。---------------------------------------------------ブログの内容についての質問やコメントをゲーム内の掲示板に書き込むのはお控えください。また、匿名...

続きを読む

【団体戦】千葉vs宮城(第8ラウンド)

昨日は、宮城選抜との団体戦を行った。むすび丸↑2回目の登場。宮城と言えば伊達政宗。政宗を連想させる三日月の兜を被った宮城観光PR担当課長だそうだ。さて、そんな宮城とは今回で8度目の顔合わせである。【団体戦】千葉vs宮城(第1ラウンド) 2020年5月13日【団体戦】千葉vs宮城(第2ラウンド) 2020年6月26日【団体戦】千葉vs宮城(第3ラウンド) 2021年3月5日【団体戦】千葉vs宮城(第4ラウンド) 2021年6月18日【団体戦】千葉...

続きを読む

【団体戦】千葉vs埼玉(第2ラウンド)

昨日は、埼玉県選抜との団体戦を行った。小林:「埼玉って何もないんだよね」繁田:「海もないし、空港もないですもんね」九里:「北半分は群馬と一緒でしょ」幕張:「全部が群馬と言ってもいいかも」妙典:「それなのに千葉と張り合おうだなんて・・・」小林:「埼玉県人には、そこら辺の草でも食わせておけ!」一同:「そこまでは言ってない!(思ってても言ってないw)」注目の対戦カードはこちら。---------------------------...

続きを読む

タウリンドリンク

闘争心が減れば負けじ魂で補充する。当たり前のように繰り返してきた作業なのだが、不意に我に返った。別にタウリンドリンク使えば良いいのでは?闘争心が少しあるんだからタウリンドリンクではもったいない、負けじ魂で十分!・・・と思っていたのだが、負けじ魂を買うために精神PTを使ってばかりいたらこの有様。もったいない、もったいないと思っていると、タウリンドリンクが消費できないんだよね。もう気にせず使うことにしよ...

続きを読む

2022年SR投手が全員A評価になった

タイトルの通り、2022年SR投手が全員A評価となったので、6名全員をご紹介しようと思う。山下直斗(20220054)故障が多く、期待の大きさを考えれば成長度は物足りない。大澤佑耶(20220053)この世代のSR投手ではナンバーワン評価。変化球2種がもう一段上がるのは時間の問題。塩見健吾(20220052)練習試合要員として貴重な中継ぎ右腕。中本圭一郎(20220051)上手くいけばカーブAまで届くかなぁ?と思っていたが、このところ成長曲...

続きを読む

三者連続ホームラン

先日の団体戦でのワンシーン。なんと三者連続ホームラン!私の中では勝手にバックスクリーン3連発ということにしているwそう・・・、1985年の阪神タイガース、バース、掛布、岡田のような。勝手に一人で盛り上がってたのに、誰もこの話に触れてくれなかったなぁw---------------------------------------------------ブログの内容についての質問やコメントをゲーム内の掲示板に書き込むのはお控えください。また、匿名の書き込み、...

続きを読む

【団体戦】千葉vs滋賀(第1ラウンド)

昨日は、滋賀選抜との団体戦を行った。ひこにゃん彦根藩井伊家二代当主である井伊直孝公をお寺の門前で手招きして雷雨から救ったと伝えられる「招き猫」と、井伊軍団のシンボルとも言える赤備えの兜を合体させて生まれたキャラクター。滋賀との対戦は初である。それどころか滋賀県として団体戦に挑むのも初だそうで。これまで諸般の事情で団体戦の声かけをしても前に進みにくかったが、ようやく念願叶ってこの日を迎えるに至った。...

続きを読む

正捕手の肩力を考える

昨日、盗塁の采配による走力と肩力の因果関係を書いた。その続きというか、昨日の記事を踏まえ、私は捕手の肩力は、さほど重視していない。巷では肩力Aでなければ起用しないという方もいるようだが、あまりその点に固執する必要はないと考えている。参考までに過去3代の妙典高校の正捕手を紹介する。現正捕手の成井。昨年の正捕手・坂川。一昨年の正捕手・野村。野村の世代では甲子園にも出場しており、坂川の世代では3季連続で千...

続きを読む

盗塁積極の意味

私は、「盗塁普通派」である。基本的に采配は変更しない為、公式戦も練習試合も常に普通。(ごくごく稀に気分で変えることはあるが)先日、「盗塁積極なのに全然走らない」と愚痴を聞いた。それは「積極」の意味を誤認しているのだろう。当然ながら、俺の甲子園において、「盗塁積極」にしたからと言って積極的に走るわけではない。この点を思い違いしている人が本当に多い。まず、基本的な盗塁企図の判断基準は、ランナーの走力と...

続きを読む

プロフィール

千葉県立妙典高校

Author:千葉県立妙典高校
俺の甲子園をプレー中。

「課金は程々に」がテーマだったはずだが、なかなか我慢ができずに使い込んでしまうことも。

2022年 夏の甲子園出場